So-net無料ブログ作成
検索選択

クリスマスプレゼントはF1総集編! [F1]

F1のシーズンも終了し、ドライバーの移籍で盛りあがっていますが、CSでは84’~85’のベストGPとしてノーカットで年間数レース放送しているので、オフシーズンも退屈しなくていいです。
まずは今年度を振り返る意味での2007年総集編

2007 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版

2007 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版

は欠かせません。

古いビデオを整理していたら、95年と96年のフジテレビで放映していた総集編が出てきたので見てみた、95年はシューマッハ(ベネトン)がチャンピオン、96年はデーモンヒル(ウィリアムズ)。96年はシューマッハがフェラーリに移籍した年で、今では想像できないほど弱いフェラーリを懸命に立て直そうとしているシューマッハの姿勢に感動。その反面、ウィリアムズのデーモンヒルのふがいなさが目立つ(それでもチャンピオンだったにもびっくり)。95年でいえばクルサードもいまいちだった。今ではベテランドライバーだが、新人時代は結構めちゃくちゃだ。10年もたつと人もマシンも随分かわるなと改めて実感。

F1 レジェンド「F1 グランプリ 1987」

F1 レジェンド「F1 グランプリ 1987」

  • 出版社/メーカー: フジテレビ
  • 発売日: 2007/06/22
  • メディア: DVD

F1 LEGENDS「F1 Grand Prix 1988」

F1 LEGENDS「F1 Grand Prix 1988」

  • 出版社/メーカー: フジテレビ
  • 発売日: 2007/08/24
  • メディア: DVD

懐かしくなったのでこのDVDも買って、来シーズンへ気持ちを盛り上げよう


F1 ハンガリーGP 遂に「君が代」が表彰台で [F1]

先日のF1GPでホンダのバトンが優勝した。
表彰台で国歌が流れた。
日本の国歌って暗くてあんまり好きではなかったが、
F1の表彰台で流れている「君が代」と、抱き合うスタッフの
姿を見ていると、なんか映画のワンシーンのようだった。
F1観る様になって、何年も経つけど、もっと時間が
かかるのかなって思っていた。
今度は、ドライバーの勝利で、「君が代」が聴きたい。
解説の今宮純が泣きながらコメントしていたのになんか
こっちも涙ぐんでいた。
「みんなで乾杯しましょう!」ってきっと昨日の夜は
大騒ぎだったのだろう。
今年一番の面白いレースだった。

CSの再放送は、確実に録画して、永久保存版にするつもりです。


F1 モナコGP <佐藤琢磨VSシューマッハ> [F1]

先週末は、モナコGPが開催された。
個人的には、鈴鹿についで好きなGP、予選でのいざこざでシューマッハは、
最後尾へ、佐藤は定位置からのスタート。

スカパーのフジテレビ721でいつも観ているが、たまたま深夜放送の地上波のフジテレビを
つけた、スタート直前の映像での、山田優のコメント
「佐藤琢磨とシューマッハーの一騎打ちですね・・・」って
佐藤琢磨のマシン性能を分かっての発言か?
二年前のモナコとは立場もマシンもぜんぜん違う、
1コーナーまでぎりぎり押さえれるかどうかも難しいのに。
ジャパンパワーとかいって盛り上がるのはいいけど、現実どれぐらい厳しい現実
か事実を伝えた方がいいのではないか。

当然、今宮純も河合ちゃんもそんなコメントはありませんでした。

ということで、今後も地上波のF1は観ることはないと思います。

でも琢磨は来年是非いいチームにいって活躍して欲しい。
フェラーリに乗る日本人ドライバー見てみたいけど無理だろうな・・・


F1 日本人ドライバー 佐藤&井出 [F1]

スーパーアグリのドライバーの経歴をみて驚いた、なにに驚いたかというと生年月日。
自分の生年月日は、1975年1月27日なので、井出有治とは6日違い、佐藤琢磨は、2年と1日違い。
同年代として、頑張って欲しいものだと改めて思った。

◆佐藤 琢磨(さとう・たくま)1977年1月28日、東京・新宿区生まれ。29歳。97年に鈴鹿レーシングスクール・フォーミュラ(SRS―F)を首席で卒業し、翌年に渡英。2000年から英国F3選手権に参戦、01年に日本人初の同シリーズ王者になった。02年にF1デビュー。04年米国GPでは3位表彰台を獲得。163センチ、60キロ。

 ◆井出 有治(いで・ゆうじ)1975年1月21日、埼玉県生まれ。31歳。90年にカートデビュー。94年から全日本F3選手権参戦。99年にフォーミュラ・ドリームに参戦し、シリーズチャンピオンを獲得。2003年にフォーミュラ・ニッポンにデビュー。04年総合3位、05年は総合で2位に入る。178センチ、63キロ。

鈴木亜久里、ドライバー時代はあんまり好きじゃなく、中嶋悟ファンだった。でも、今回、本当に短期間でF1参戦までこぎつけてくれて、ほんとよかった、よく頑張ってくれた。これからも応援するので頑張ってください。


F1 LEGENDS THE Best GP ’81 [F1]

フジテレビのF1企画81年と82年のレースをセレクトして放送。81年、ジルビルヌーヴの最後の勇士、モナコでの追い上げそして優勝、感動した。いままで本の記事でしか観たことのなかったジルの走り、フェラーリのターボ、見所はたくさんあった。放送されたものは、DVDへ保存、永久保存版としました。このオフシーズンの企画で、今シーズンへの期待が高まる。


F1 1970~1974年総集編 [F1]

各年代、50分程度の総集編レースの詳細はよくわからないけど当時の雰囲気は、強烈に伝わってくる。1970年ヨッヘンリント、シーズン途中で事故死、だが獲得ポイントで年間チャンピオン、悲劇の王座獲得、1971年ニキラウダのデビューなど、いままで名前しか聞いたことがなかったドライバーの映像が見られるのには感動する。それにしても、当時のF1はいかに危険なスポーツだったのかと考えさせられてしまう。


SUPER AGURI Formula1 [F1]

佐藤琢磨と井出有冶にドライバーが正式に決まった。とにかく2006年のF1を観る楽しみができたのですごくよかった。佐藤琢磨がF1に参戦してから、とにかく生で日本人の優勝するレースを観ると決めて、スカパーにも契約し、F1を観続けている。今年はいい成績は期待できないが、フル参戦としては、まだ4年目。日本GP頃にはTOP争いを期待したい。